疲労回復ドットコム

古くから疲労回復と滋養強壮に使われてきたにんにく

にんにくは疲労回復と滋養強壮に効果の高い香味野菜です。和洋中さまざまな料理に利用でき、独特の香り成分が消化液の分泌を促して、疲れたときの食欲をアップさせてくれます。食材として取り入れる他に、サプリメントとしてとり入れる方法も、疲労回復に即効性が期待できます。タウリンの疲労回復メカニズムやおすすめの摂取方法を、理栄養士の視点で解説していきますね。

にんにくと疲労回復の関係

ビタミンB1の吸収を促進

にんにくに含まれる香味成分のアリシンは、労回復に効果の高い成分です。肉体疲労、脳疲労、倦怠感など様々な疲れは、主にエネルギー供給の不足や体内に活性酸素が大量に発生して身体のバランスが崩れている状態が原因です。

ビタミンB1は食事で摂りこんだ炭水化物の代謝を促進させ、疲労回復を助ける働きがあります。にんにくにはこのビタミンB1の吸収を促す作用があり、そのためにんにくとビタミンB1のダブルパワーが疲労回復に効果を発揮してくれます。

にんにくの抗酸化パワー

肉体疲労、脳疲労のどちらに関しても身体が長時間ストレスにさらされると、体内に活性酸素が蓄積し、身体が本来持っている力では機能しにくくなります。その結果、仕事の効率が低下したり、集中力が失われてスポーツのパフォーマンスも落ちていきます。

にんにくには身体に蓄積した活性酸素を除去する抗酸化作用の力があり、疲労の原因物質の排除を助けます。

にんにくの抗菌作用、殺菌作用

にんにくの成分アリシンは強い殺菌力を有し、体内に侵入したウィルス、細菌などを撃退して体力低下を防ぎます。仕事や運動の練習で疲労が蓄積して身体の抵抗力が落ちた時など、にんにくの力が体力回復に役立ちます。

 

にんにくを上手に摂取しよう

日々の食事ににんにくメニュー

にんにくに含まれるアリシンという成分は、ビタミンB1の吸収を高める作用があるため、にんにくとビタミンB1を多く含む食材を使った料理を食べると疲労回復に役立ちます。にんにく独特の香りは薬味としてスライスしたり摩り下ろした状態で食べると強く出てしまいますので、苦手な場合は加熱調理したり、高濃度の調味液に漬けておくと和らいで食べやすくなります。

おすすめレシピ~

豚キムチ鍋
寒い季節には温かい料理で身体を温めて、代謝効率を上げましょう。キムチに含まれるにんにくと豚肉に含むビタミンB1を一緒にとることで、エネルギー代謝が促進され疲労回復に繋がります。他にお鍋の具材にはビタミンB群が豊富に含む豆腐、アリシンを含むニラも追加すると疲労回復に効果的です。

ホタテのガーリックソテー
ホタテは魚介類の中でもタウリンを多く含み、高タンパク低カロリーの食材です。消化吸収が良く胃腸にやさしく、アミノ酸を多く含み、にんにくと調理すると疲労回復を助けてくれるメニューです。タウリンは交感神経を静める働きがあるため、運動後の興奮した状態や、仕事の後の緊張した気持ちを緩めるのを助けてくれます。

クリームチーズ&ガーリック
クリーチーズにみじん切りにしたにんにくを混ぜ合わせて、バゲットに添えたり、サラダにトッピングします。チーズに含まれるカルシウムは牛乳より消化吸収がよく、アミノ酸は疲労回復に役立つ栄養素です。乳製品のたんぱく質はにんにくの臭いの原因物質と結合して臭いを軽減する作用があるため、にんにくを食べた後の口臭が気になる方におすすめの食べ方です。

黒酢にんにくサプリメントを利用する

にんにくが疲労回復に良いとわかっていても、独特の香りやにんにく料理を食べた翌日の口臭が気になる方も多いはず。そんな方には黒酢にんにくのサプリメントがおすすめです。1日2~3粒100円~200円程度で始められ、通勤バッグに入れて手軽に持ち運べます。

疲労回復グッズとして利用してみましょう。残業続きで力が入らないときや持久力が必要な時など、黒酢とにんにくのダブルパワーで疲労回復を補います。

にんにく成分入りの調味料

食卓に常備している醤油やお酢ににんにくを漬けておきます。日頃使う調味料ににんにくの成分が浸み込み、豆腐、漬物、刺身などのメニューにかけると普段の食事で簡単ににんにくの栄養素が摂取できます。にんにくの香気成分は消化液の分泌を促して食欲を増進させてくれるので、疲労回復と体力増強に役立ちます。

まとめ

にんにくは疲労回復に効果的なビタミンB1の吸収を高める働き、抗酸化作用の力、殺菌、抗菌作用などさまざまな効用が疲労回復と体力増強に働きます。仕事で疲れた後のエネルギー補充ににんにく料理は身体に活力を与えてくれます。

接客や営業で人と接するビジネスパーソンにとってはにんにくを食べた後の口臭が気になるはず。そのときは、にんにく料理のあとに、牛乳を飲んだりリンゴを食べることで臭いが抑えられます。にんにくを食卓酢や醤油に漬けこんで、にんにくの香りを楽しむ方法は手軽に始められます。

にんにく独特の香りや味に胃もたれをおこしやすい方は、サプリメントでにんにくの効果を利用してはいかがでしょうか。黒酢サプリメントに含まれるにんにくのパワーとアミノ酸、クエン酸の力が疲労回復に役立ちます。