疲労回復ドットコム

疲労のメカニズムを徹底解説

疲労の原因が把握できていると、その対処方法が特定でき、疲労回復スピードを上げることができます。管理栄養士の視点でご紹介する疲労回復アイテムは、簡単に、かつ即効性が期待できるものばかり。忙しい日々で休養がとれない方々にはおすすめのアイテムです。

疲労の原因

疲労とは、脳が私たちに「休息をとりなさい」と身体に知らせてくれる合図です。このとき、体のなかには「活性酸素」が溜まり、身体に本来備わっている力だけでは機能維持が追いつかない状態になっています。その結果、仕事の作業効率が低下したり、運動時の持久力が低下します。 疲労には、肉体に表れる疲れと、精神面に表れる疲れがあります。肉体疲労は

・筋肉の緊張
・コリ
・むくみ
・眼疲労
・頭痛

などが生じ、精神的な疲れは

・イライラ
・集中力の低下
・倦怠感

など気持ちの面に負担が強いられる状態です。疲労回復にはその原因となる活性酸素を効率よく除去することで、回復のスピードをアップできます。

疲労にも色々?

「疲労」とひとくちに言っても、さまざまなタイプがあります。疲労の原因によって主に

・肉体疲労
・脳疲労
・倦怠感

の3つに分けることができます。それぞれに即した疲労回復の方法で対処し、回復効果を上げていきましょう。

肉体疲労

激しい運動や持久力の必要な作業が続くと、筋肉が酷使され身体に疲労が溜まります。特に休みを取れないビジネスパーソンやアスリートにとっては、効率よく回復して翌日のパフォーマンスに繋げたいものです。疲労回復には「休養・食事・運動」が欠かせませんが、肉体疲労の場合、過度の運動のあとストレッチで筋肉の緊張を和らげ、質の良い睡眠で身体を休ませて、栄養バランスの整った食事を摂ることが大切です。

脳疲労

単純作業の繰り返し、パソコンやスマホの画面を使っての長時間の作業は、脳への疲労が蓄積します。15分~20分程度の運動やストレッチは血流の流れが良くなり、目の疲れが軽減するとともに、頭がスッキリします。他には、水分をとることで脳疲労の回復に繋がります。特に温かい飲み物は血流を促進し、副交感神経に作用して気持ちを落ち着かせる働きがあります。

倦怠感

働き過ぎや、睡眠不足、不規則な生活が続くと、疲れが取れず身体が常にだるく、重く感じることがあります。また、食事で必要な栄養素が摂取できていないと、身体の構成成分となる栄養が不足し、身体は倦怠感を感じやすくなります。十分な睡眠と、軽いストレッチ、バランスの良い食事を心がけることに加えて、趣味の時間を確保することも倦怠感の軽減に役立ちます。
疲労回復に役立つアイテムランキング
黒酢(サプリタイプ)
クエン酸とアミノ酸が身体のエネルギー産生を促進させ、疲労回復を早めます。
クエン酸とアミノ酸のダブル効果が疲労回復に役立ちます。

サプリタイプの黒酢商品もたくさんありますので、 オススメのサプリタイプの黒酢商品を知りたい方はこちら 黒酢サプリの人気ランキング
向いている疲労タイプ
肉体疲労、脳疲労、倦怠感
コスト
3000円~4000円/月
即効性・簡単さ
年代
20代~60代
性別
男女
音楽鑑賞
音色は体と心の緊張をほぐし、気持ちを和らげたり、活力をもたらす作用があります。
目を閉じて優しいメロディーや好きな音楽を体で感じると心が癒され疲労軽減に繋がります。
向いている疲労タイプ
肉体疲労、脳疲労、倦怠感
コスト
100円~1000円/月
即効性・簡単さ
年代
20代~60代
性別
男女
青汁
抗酸化力が疲労を軽減します
粉末タイプの青汁は水や牛乳に混ぜるだけで、ビタミン・ミネラル・食物繊維など身体の調子を整える栄養が手軽に摂取できます。
向いている疲労タイプ
肉体疲労、脳疲労、倦怠感
コスト
3000円~4000円/月
即効性・簡単さ
年代
20代~60代
性別
男女
総合評価
★★★★☆(5段階)
温泉
血液循環を促し、筋肉の疲れやコリ、身体の緊張をほぐします。
身体を芯から温めることで、血液循環を良くし、体内に溜まった老廃物の排泄を促進します。
向いている疲労タイプ
肉体疲労、脳疲労、倦怠感
コスト
700円~1000円/日帰り温泉の場合
即効性・簡単さ
年代
20代~60代
性別
男女
総合評価
★★★☆☆(5段階)
アロマ
アロマ(香り)が脳に伝わり、血流の流れを良くしリラックス効果があります。
香りの効果は脳と心に作用します。アロマオイルをたいたり、身近な小物にアロマの香りをつけて持ち歩くことで香りが疲れを軽減してくれます。
向いている疲労タイプ
肉体疲労、脳疲労、倦怠感
コスト
500円~2000円/月
即効性・簡単さ
年代
20代~60代
性別
男女
総合評価
★★☆☆☆(5段階)

疲労回復には身体と心の疲れを取り去ることが大切です。身体の疲れも心の疲れも、蓄積してしまった活性酸素を除去することが回復の近道です。それには「休養、栄養、運動」が欠かせません。質の良い睡眠をとり、栄養バランスのとれた食事と規則正しい生活を心掛け、その合間に適度のストレッチと運動を実践することで、疲労の回復が高まります。

ご自身の疲労の原因を見極めて、生活スタイルにあった疲労回復アイテムを利用するのも一つの方法です。